季節に合わせたカラーコーディネート

季節のカラーコーディネートを知る

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

季節と色の関係

春になると桜やタンポポなどの花が咲き、枯れ落ちていた木々や草が芽吹きます。 厳しい冬が終わり訪れる季節である暖かい春は、出会いと別れの季節でもあります。 そんな春には、優しい色合いが好まれる傾向にあります。 淡い色のパステルカラーや深緑のような黄緑色などがそうです。 続きを読む

春をイメージさせる色

色には人の心理に働きかける作用があります。
暖色と分類されるように赤や黄色、オレンジ色は温かいという印象を人に与えます。
青色や青緑色、青紫色のような寒色系は冷たいという印象を与えます。
このような、色が人に与える印象というのは大多数の人に共通したものです。

南国のような国に行くと色彩がハッキリした暖色系の色が多く使われています。
また、ヨーロッパのようなところでは色味を抑えた寒色系の色が好まれています。

これは、太陽の日照時間の長短や気候風土からくる変化です。
気候風土や太陽の日照時間によって色彩は見え方が変わり、きれいに見えたり、見えなかったりします。
明るい光の中になると鮮やかな暖色系の色、明るい光が乏しい場合は色彩を抑えた寒色系の色が好まれています。
なので、日本のような四季があり、季節によって太陽の日照時間が変化する場合には同じ色の服装であっても見え方が変わってしまいます。

私たちが暮らしている日本は季節によって、目に映る色彩が大きく変化していきます。
四季と合わせて、それぞれ好まれる色というものがあり季節によって好まれる色が変化します。
青春、朱夏、白秋、玄冬のように1000年以上前から春夏秋冬にはそれぞれペアになっている色があります。
昔からある季節に応じた色は流行り廃りというものがないので、一度購入すると来季、再来季と長く着続けることができます。
季節に合った色の服装を着ると好印象を相手に与えることができます。

夏と冬をイメージさせる色

気温が高くなり、日差しが肌を焼く季節である夏になると、他の季節に比べて色が鮮やかに見えます。 明るい日差しが注ぐ夏は、原色系の色が映える季節です。 気温が低くなり、日差しが弱くなる季節である冬になると、他の季節よりも色が抑えられ、くすんで見えます。 白や黒、灰色など控えめの色合いが適する季節になります。 続きを読む

秋をイメージさせる色

秋は段々と寒くなっていく季節になるので、暖色のような暖かみを感じさせる色合いが好まれるようになります。 春は段々暑くなっていき、秋とは逆になりますが、気候的には春と秋は似ています。 淡い色合いが好まれる春とは違い、秋は深みのある色合いが好まれます。 続きを読む

春をイメージさせる色

季節と色の関係

春になると桜やタンポポなどの花が咲き、枯れ落ちていた木々や草が芽吹きます。 厳しい冬が終わり訪れる季節である暖かい春は、出会いと別れの季節でもあります。 そんな春には、優しい色合いが好まれる傾向にあります。 淡い色のパステルカラーや深緑のような黄緑色などがそうです。 続きを読む

夏と冬をイメージさせる色

気温が高くなり、日差しが肌を焼く季節である夏になると、他の季節に比べて色が鮮やかに見えます。 明るい日差しが注ぐ夏は、原色系の色が映える季節です。 気温が低くなり、日差しが弱くなる季節である冬になると、他の季節よりも色が抑えられ、くすんで見えます。 白や黒、灰色など控えめの色合いが適する季節になります。 続きを読む

秋をイメージさせる色

秋は段々と寒くなっていく季節になるので、暖色のような暖かみを感じさせる色合いが好まれるようになります。 春は段々暑くなっていき、秋とは逆になりますが、気候的には春と秋は似ています。 淡い色合いが好まれる春とは違い、秋は深みのある色合いが好まれます。 続きを読む